FX時間帯別の特徴を紹介:各時間帯の動き方を知って有利なトレードをやろう

FXトレードは平日であれば24時間トレードができます。

24時間の内、時間帯によって様々な特徴があります。

その特徴を知って優位性のあるトレードをしていきましょう。

時間帯には三大時間帯といって、

東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間という時間帯があります。

それでは各時間帯の動きの特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京時間の特徴

東京時間とは、日本時間で午前8時~午後5時までの時間帯とことをさします。

なぜこの時間を東京時間というかといいますと、日本の経済活動が活発な時間帯だからです。

基本的にこの時間帯は、レンジになることが多く値動きのは幅もそれほど大きくないという傾向があります。

しかし5日、10日など切りのいい日にちや休暇前のときは、円安ドル高になる傾向があります。

欧州時間の特徴

日本時間で午後4時~午後12時までの時間帯を欧州時間といいます。

ヨーロッパでの経済活動が活発になるためこの時間帯を欧州時間というようになりました。

また東京時間ではレンジ相場になることが多いと書きましたが、欧州時間では、新しいトレンドを形成しやすいです。

値動きも活発になります。

ニューヨーク時間の特徴

日本時間で午後9時~午前5時頃までの時間帯をニューヨーク時間といいます。

他の時間帯に比べ最も値動きが激しくなる傾向があります。

また、ニューヨーク時間は値動きを予想しにくいです。

なぜなら、欧州時間で指標発表や要人発言の影響を受けるためです。

さらにニューヨーク時間にも指標発表や要人発言があるため予想は難しいです。

雇用統計発表時には、値動きがより活発になるためポジション管理には厳重な注意が必要です。

黄金の時間帯

欧州時間とニューヨーク時間が重なるこの時間帯は、黄金の時間帯と呼ばれています。

1日のなかで最も値動きが活発になります。

スキャルピングやデイトレードなど短期間でトレードする人は、この時間帯を利用するといいかもしれません。

しかし、値動きが活発なためポジション管理には気を付けてください。

まとめ

上記に書いたように各時間帯には様々な特徴があります。

自分のライフスタイルや、取引方法に合った時間帯にエントリーすることが大切です。

オススメの時間帯は欧州時間とニューヨーク時間が重なる黄金の時間帯です。

ご覧になっていただきありがとうございました。

では失礼します。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする