【自衛隊の思い出】前期教育での体験談#1

前回の自衛隊の思い出の記事では、入隊式までのことにいつて書きました。

こんにちは! 今回は私が自衛隊で働いていたときの体験談を書いていきます。 何回かに分けて、体験談を書いていこうと考えてま...

今回は、入隊式後すぐに始まる前期教育での体験談を2回に分けて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

服装点検がとても厳しい

自衛隊では、身だしなみのチェックがとても厳しいです。

服装はもちろんのこと、爪や髪の毛、ひげの剃り残しまで細かく見られます。

この身だしなみのチェックですが、私のいた部隊では、毎朝点呼のときに点検されてました。

ちなみに点呼というものは朝6時、夜10時30分に教育隊の人員が全員1ヶ所に集まって、健康状態などを報告することです。

皆、教官から指導を貰わないために、身だしなみには細心の注意を払っていました。

しかし、教官は容赦なく指導してきます。

迷彩服のわずかなシワや、ひげの少しの剃り残しなど、細かいとこまで指導してくるのです。

指導を貰うと、全員で腕立て伏せが始まります。

これが地獄でした。

なぜかと言いますと、「全員の迷彩服のシワの数だけ腕立て伏せ」とか「ひげの剃り残しの本数だけ腕立て伏せ」など、めちゃくちゃな数の腕立て伏せを喰らうからです。

でもこのおかげで自衛隊を辞めた今でも、身だしなみを常に気にする習慣が身に付きました。

色々な役職が回ってくる取締り係がきつい

自衛隊の教育隊では、1週間交代で色々な役職が回ってきます。

教育隊を取りまとめる取締り係、班の状態をまとめる内務係、教育隊の旗を管理する旗手がありました。

この中で、特に取締り係という役職がとても大変です。

取締り係の仕事をまとめますと、

・1日の訓練内容や動きを各班の内務係へ伝える。

・訓練場などへ移動するとき、引率する。

・点呼の時、教育隊の人員や健康状態を教官へ報告する。

・集合時間などの変更が合った場合、速やかに各班の内務係へ伝える。

このように、ただでさえ忙しいのに取締り係に就くと、本当に忙しくなります。

私も、取締り係に1度就きましたが集合時間が変更されたことをうまく伝えれず、教官から腕立て伏せという指導を貰ってしまったことがあります。

自分のミスで教育隊全員が指導されることになるので、本当に取締りは嫌です。

皆、取締り係になる日が近づいてくると「取締り係になりたくねー」と嘆いてました笑。

取締り係につくことで、責任の重さを経験することができました。

まとめ

1つの小さなミスでも教官から指導され、腕立て伏せをするはめになります。

ですので、「同じミスをしないようにする」能力が身に付いたと思います。

本当に自衛隊で学んだことは多いです。

次回は主に射撃訓練のことについて書いていこうと考えています。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

では失礼します。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする