禁煙を1ヶ月やってみて感じたメリット、デメリット

私は、自衛隊の頃からタバコを吸い始めて、1ヶ月前までの3年間タバコを毎日二箱くらい吸い続けていました。

最近はFXをやっているせいか、本数が増えていました。

なぜ、禁煙するきになったかといいますと、お金を払って体を壊していることが、バカらしいと思ったからです。

スポンサーリンク

禁煙をして感じたメリット

・寝起きが良くなった

初日はあまり効果は感じられませんでしたが、2日、3日と日がたつにつれ喫煙していたときに比べ、気持ちよく朝を迎えれるようになりました。

・ご飯がおいしくなった

喫煙していた頃は食後の一服が最高でした。しかし禁煙して、ご飯の味がしっかり分かるようになって、タバコがご飯の味を分かりにくくしていたとわかり、禁煙してよかったと感じました。

・タバコに依存しなくなった

この事が、私にとって禁煙して一番よかったと思うことです。

今でも、本当に辞めてよかったと思います。

仕事中だけではなく、休みの日もタバコを吸うことばかり考え意味もなく吸い続けていました。

無意識に吸っていたと思います。

「あータバコ吸いたいな」

「お金がもったいないな」

「このまま吸い続けていると、体に悪いよな」

といったことを、禁煙したことで余計な不安を背負わなくて良くなりました。

禁煙のデメリット

基本的に禁煙することでの、デメリットは存在しないと私は思っています。

あえてひとつあげるとするならば、タバコの煙の臭いが嫌いになったことぐらいですかね。

デメリットといえるか怪しいところですが…

私も好き勝手にタバコをふかしていたから偉そうには言えませんが、街中で、平気な顔をして喫煙しているスモーカーに嫌悪感を抱くようになりました。

禁煙することでのメリットを挙げるときりがありません。

禁煙して、タバコが人間の感性を奪っていたことに気づきました。

皆さんも禁煙に挑戦してみてください。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする