ポジポジ病を治すには?克服方法を紹介

ポジポジ病はFXトレーダーなら誰でも経験する病だと思います。

しかも、初心者だけでなくベテランもかかる可能性がある病だと思います。

ポジポジ病にかかってしまうと良いことはなく、無駄なエントリーを繰り返し、損切りトレードを繰り返し、精神的に落ち込んだ状況になるまで続くことが多いです。

ポジポジ病は、早期発見できれば、重症化する可能性は低いですが、発見が遅れると、資金を大きく失ってしまうリスクもあります。

ポジポジ病を軽く見ずに、リアルマネーでトレードを始める前に、知識と予防の方法を理解しておくことを進めます。

「今、自分がポジポジ病にかかっていないかな?」と、自分自身に問いかけてトレードしていくことが大切です。

スポンサーリンク

そもそもポジポジ病とは何?

ポジポジ病はFXだけでなく、株式トレードでもかかることがあります。

そもそもポジポジ病とはどんな病なのか?

下記の症状に当てはまるなら、ポジポジ病の可能性があります。

「短時間にトレードをたくさんしてしまう」

「ポジションを持っていないと気が済まない」

「チャート画面から離れることができない」

こういった症状を感じたことがあるなら、ポジポジ病にかかっている可能性があるので要注意です。

つまりポジポジ病とは、いつもポジションを持っていないと落ち着かない状態のことです。

FXトレードとは、ルールに従ってトレードしていくべきで、むやみにトレードしたくなる状況は、非常に危ない状態です。

冷静に相場の状況を確認して、自分のルールに合ったタイミングでトレードしていくべきです。

ポジポジ病かかると、ポジションを持っていないと損した気分になる状態なので、1度、自分のルールに合ったトレードをしても、またエントリーしたくなりがちです。

そのような状態で利益を残していけるほど、早期甘くないわけです。

ポジポジ病になりやすい状況

ポジポジ病になりやすい状況として、下記のような状況があります。

・その日の最初のトレードが負けになってしまった場合。

最初のトレードが損切りから始まってしまうと、その損した部分を取り戻そうと、ポジションをすぐに持ちたくなります。デイトレードやスキャルピングといった短期のトレーダーは要注意です。

・スキャルピングトレーダーが不調の時に場合

短時間にトレードを繰り返すスキャルピングトレーダーは、そもそも時間帯におけるエントリーの数が多いのでポジポジ病との戦いともいえます。調子が悪く負けが続いたときは早めの休息が必要です。

・長くボラティリティが低く先が読みにくい場合

ボラティリティがなく、方向性が不明瞭な場合は、トレードに適していない状況といえます。そんな状況にもかかわらずチャート画面を見ていると、どうしてもエントリーしたくなることもあります。上下にひげが多く発生している相場は特に危険です。負ける可能性が高いです。

・トレードルールを破ってしまった場合

自分が設定しているルールを破ってトレードした場合、勝ち負けに関わらずポジポジ病の扉を開いた状態と認識すべきです。

勝っても「次もまた勝てるかも」となり負けても「取り返さないと」となります。トレードはルールに従って根拠あるポジションを持っていくことが大切です。

ポジポジ病にかかってしまったら

ポジポジ病にかかり、ポジションをどんどん取ってしまうような状態になったら、1度早めに休息をとって冷静になることが大切です。

私も経験があるのですが、トレードで負けを繰り返しそれを取り返そうと、根拠のないポジションをとってしまった経験があります。

こういったリスキーなトレードをしてしまうのが、ポジポジ病です。

こんなときは、トレードを辞めて早めの治療が必要です。

ポジポジ病の治し方

ポジポジ病は、職業病みたいなもので、いつかかってもおかしくありません。

油断しているとかかります。ですから常に注意をしていく必要があります。

ポジポジ病を治していく方法は以下のようなものです。

・トレードを一旦辞める

冷静な状態に戻しましょう。

・負けが続いたらその日のトレードはしない

3回連続で負けたらその日のトレードはしない。といったルールを決めておく等のルールを決めるのは有効です。

・トレードする時間足を長期足に変えてみる

ポジポジ病は1度トレードが終わるとまたエントリーしたくなる病です。

長期足でチャートを分析してトレードしていくことで、冷静にたち戻れる可能性が高まります。

また、長期足でトレードしていくことで、短期足よりもトレンドの判断がしやすくなります。ポジションの保有期間も長くなるため、判断する時間もとることができます。

まとめ

ポジポジ病は、初心者の頃にかかることが多いです。そして、トレーダーであれば誰しもが経験することです。

しかし、FXでトレードをしていくためには、ポジポジ病の対策の知識が必要です。

トレードをやり続けていくうちに、本質も理解できるようになりますし、自分なりに対処法も身に付いていくはずです。

皆さんもFXトレードを頑張りましょう。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする