FXで通貨ペアを1つに絞るべきか?

世界中には色々な通貨があります。そのなかでも、証券会社が取り扱っている通貨を使います。

メジャーな通貨の円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、など。

マイナーな通貨のトルコリラ、ブラジルレアル、インドルピーなど。

これらの通貨を2つ組み合わせます。これを通貨ペアといいます。

その組み合わせはたくさんあります。

人によっては「私は、ポンド円だけ。」「私はユーロドルだけ。」というように、1つの通貨ペアを専門にトレードしている人もいます。

また、複数の通貨ペアで、そのときの状況にあった通貨ペアを選択しトレードしている人もいます。

1つの通貨ペア、複数の通貨ペアのどちらかがいいとは一概にはいえません。どちらにも、メリット、デメリットがあります。

スポンサーリンク

1つの通貨ペアでトレードする人のメリット、デメリット

1つの通貨ペアを専門にトレードしている人は、その通貨ペアの癖や、ボラティリティーを詳しく知ることができると思います。

例えば「この時間帯が動きやすい。」といった特性や、「指標に反応しやすい。」などといった細かな特性を知ることができます。

私も、FXを始めたばかりの頃は1つの通貨ペアでトレードして、研究してました。そして徐々に癖がわかり、徐々に利益をあげれるようになりました。

デメリットは、1つの通貨ペアしか見ないので、チャンスがなかなか来ない、自分のルールにあった場面がなかなか来ないときはトレードできないということですね。

もちろん相場は「待つ」ということも大切です。待つ状態があることは当然なのですが、その時に他の通貨ペアが動いていて、自分のルールに合う場面だった。ということもあるんです。

それを機会を失ってしまったと考えるならば、デメリットですね。

では逆に、複数の通貨ペアでトレードしている人のメリット、デメリットはどうでしょうか?

複数の通貨ペアでトレードしている人のメリット、デメリット

メリットは、先程の1つの通貨ペアの場合とは逆に、「チャンスが多い」ということです。

ユーロドルでチャンスが来ていなくてもポンド円でチャンスが来ているといったことも多くあります。

メリットとしてもうひとつあります。それは色々な通貨ペアを見ることで、「通貨相関」を意識するようになります。

通貨相関を簡単に説明しますと、「今どの通貨が強くて、どの通貨が弱いか」を把握することです。

例えば、ドル円、ユーロ円、ユーロドルを見ているとします。この時に、ドル円上昇、ユーロ円も上昇、ユーロドルは下落しているとします。

この事から、円よりもドル、ユーロが強いことがわかりますよね。

そして、ユーロドルが下落しているということは、ユーロよりもドルが強いことになりますから、ドル、ユーロ、円の順に強いということがわかります。

逆にデメリットは、「見落とす可能性がある」ことです。色々な通貨ペアを見ますので、チャンスを見逃す可能性もあります。

見落とさないように、するには相当経験が必要です。ですので、最初は3つくらいの通貨ペアで、トレードすることを勧めます。そうすると次第になれてくると思います。

皆さんの生活スタイルに合わせて通貨ペアの量を選択してください

先程説明させていただいたように、どちらにもメリット、デメリットがあります。ですので、皆さんの生活スタイルや、性格に合ったほうを選んでいただければいいと思います。

ありがとうございました。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする