眠れない!そんな時におすすめの寝る方法4選

皆さんこんにちは、なおつです。

「明日仕事があるのに寝れない」というときはありませんか?
早く寝ないといけないと思えば思うほど寝れなくなってしまいますよね。
寝不足になると、次の日に悪影響がてでしまいます。

今回はそんな寝れないという方に、おすすめの寝る方法を紹介します!    

スポンサーリンク

眠れない時におすすめの寝る方法4つ

眠る為には、「副交感神経が、優位になっていてリラックスした状態」が重要です。

交感神経:脳が活発に働いていて、興奮しているときに優位になる。

副交感神経:脳の活動が落ち着いていて、リラックスしているときに優位になる。

眠れないというときには、この交感神経が働いています。眠れない夜に、頭が冴えていて寝れなのは交感神経が優位にたっていて、脳が興奮状態にあるためです。

ですから眠るためには、副交感神経を優位に働かせなければいけません。 その具体的な方法を紹介します。

ストレッチをする

ストレッチをすると、「交感神経を鎮めて、リラックスした状態」になります。

就寝15分前にストレッチをすることで、眠れない状態を解消することができます。                   ただ、注意してほしいのがやり過ぎないことです。やり過ぎると逆効果になってしまいます。汗をかかない程度にしておきましょう。

半身浴をする

半身浴をすることで、「興奮した状態からリラックス状態へと変える」ことができます。                      
半身浴には以下の注意点があります。

温度:38℃くらいのぬるま湯 ・時間:15~20分くらい

また、入浴剤も自分が好きなものを選びましょう。そうすることでリラックス効果を高めることができます。就寝1時間前にするのがベストです。 私は、読書をしながら半身浴をしています。

刺激のあるものから避ける

就寝前に脳に刺激を与えしまうと、脳の活動が活発になってしまい、眠れない原因になってしまいます。

そのため、刺激のあるものから遠ざける必要があります。
寝る前に、スマートフォンやパソコン、テレビなどを見るという方が多いと思いますが、就寝1時間前には避けておきましょう。

また、コーヒーを飲むことも就寝の妨げになってしまいます。コーヒーに含まれるカフェインが脳を興奮させる作用があるためです。  
就寝前にコーヒーを飲むのはやめておきましょう。

リラックスできるBGMをかける

リラックスできる音楽を聞くと、脳波がα波に変わります。            
α波に変わると、とてもリラックスした状態になり、すぐに眠りにつくことができます。

おすすめはクラシックです。

まとめ

いかがでしょうか?眠りにつくには、とにかくリラックスすることが大切です。

もし寝れない状態になったらこの方法を参考にして見てください。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする