もうイライラする、そんな時の解消法4つ

日常生活を送っていると、人間関係でイライラすることがあると思います。

イライラすると自分の抑えがきかず、普段しないような言動をとってしまう。

しばらく時間が経って「何でこんな発言したんだろう。やめておけばよかった。」と、後悔することが多いと思います。

もうこんなことを繰り返したくないですよね?

今回はそんな皆さんにイライラの解消法について書いていきます。

スポンサーリンク

イライラしたときにやってみよう4つの解消法

いい気分の時の自分を思い出す

イライラする原因のほとんどが、自分ではなく他人に対するものだと思います。

たとえば会社でミスをして上司に怒られたとします。

そのときに、「めんどくさい。うるさいな。」と思うか「私のことを思って怒ってくれたんだな。」と思うかで、感じかたが全然違うと思います。

ここで、自分が「うるさいな」といってしまったことに気づけるかがポイントです。

そして、イライラしたときこそいい気分がしたときの状態を思い出しましょう。

そうすることで、「ああ、私のために言ってくれたんだな。」と思えることができるはずです。

音楽を聴いてリラックスする

皆さんには好きな音楽がありますか?

もしあるならば、音楽でイライラを解消することができます。

人は耳から入ってくる情報に影響されます。

音楽を聴いて落ち着くというかたも多いと思います。

ジャンルは何でもいいのですが、私のオススメはクラシックです。

私はイライラすることが続いたとき、夜寝る前にクラシックを聴いてリラックスしています。

また、自然の音を聴くのもいいです。川のせせらぎ、森の木々が揺れる音など自然の音は、心を落ち着かせてくれます。

とにかく自分が安らげる音を聴きましょう。

イライラしたら寝てしまう

イライラしたらさっさと寝てしまいましょう。

寝ることで気持ちをリセットすることができます。

寝る前に先ほど説明したように、音楽を寝る前に聴くとさらに効果的です。

また、寝不足になるとイライラが倍増するので、出来る限り早めに寝ましょう。

仲のいい人と話す

自分の中に溜め込まず、誰に話すことはイライラ解消に効果的です。

また、話すことで自分の気持ちをだれかに理解してもらうことで、安心感を得ることもできます。

よく職場の宴会で愚痴が飛び交うますが、これは愚痴を言うことでストレスを発散しているためです。

また、自分の考えを共感してもらえるためでしょう。

このように共感し合えば、イライラは大分解消されるでしょう。

まとめ

このようにイライラの原因であるストレスをうまく解消していきましょう。

あまりにイライラすることが多くて、生活に支障が出る場合は、病院を受診して医師に相談してみましょう。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

失礼します。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする