海外FXはどんなものか?注意するポイントや特徴とは

日本は急速にネットの普及がされると共に、FXも広く知られるようになりました。

ネットの普及により、個人でトレードするのも簡単になりました。

FXをするというのは、おそらくほとんどの方が日本国内の業者のことを指していると思います。

しかし、日本に居住していてもネットさえあれば海外業者に登録できるのです。

海外業者と聞いてたぶん、なんとなく危険な感じがするんだろうなとイメージしているかたが多いと思います。

しかし、具体的に何が危険なのかわかっている人は少ないと思います。

ですので今回は、海外業者でFXをする上での注意するポイントや特徴を書いていきます。

スポンサーリンク

海外FX業者は日本の金融庁の監視下におかれていない

この事がたぶん「何か危険なのでは?」と思われる一番の要因だと思います。

何か問題が起こったとしても、守ってもらえないという仕組みです。

一番の問題は出金トラブルです。利益出ているのにもかかわらず、出金できないという記事かネットに溢れています。

この事が海外FXが危という認識を植え付けていると思います。

このトラブルが本当かどうかは、業者によって違います。

日本人を騙そうとする悪徳な業者も確かにありますが、しっかりとした業者も、もちろんあります。

ですから、優良な業者を自分の目ど見極める必要があります。

海外FX業者を利用するメリット

海外FX業者はハイレバレッジ

日本のFX業者に比べ、海外FX業者の設定するレバレッジはとても大きいです。

日本では規制が入り今では最大25倍ですが、海外の場合は規制を守る必要がないため500倍や、中には888倍というレバレッジを設定している業者も存在します。

つまり少ない資金でも、ハイリスクハイリターンで大きな利益を狙える可能性があるということです。

海外FXには追証がない

海外FX業者の場合、追証というものが存在しません。

この「追証」とは、口座の資金がマイナスになった場合、そのマイナス分を請求されることをいいます。

日本の業者は追証がないところはありません。

つまり、リーマンショックのようなときに危険なのは、日本の業者ということになります。

ですから、海外業者は口座の資金がマイナスになっても0に戻してくれるということです。

海外FX業者の入金はクレジットカードが使える

海外FX業者の場合、クレジットカードで入金ができます。

さらにクレジットカードによってはポイントがつくため、お得です。

さらにクレジットカードで入金した場合、即時口座に反映されますので、すぐに入金したいときにストレスなくできます。

ただ一つ注意点があり、クレジットカードで入金した場合は入金分まで、銀行へ送金できません。

まとめ

海外FX業者には、多少のリスクを必要とします。

しかしメリットも大きいです。

ですから、日本業者だけにこだわらず海外FX業者も使ってみるといいかもしれませんね。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

それでは失礼します。