FXとは何か?簡単に説明。

最近、CMでもよく聞くFXというワード。サラリーマンや大学生、主婦など色々な人に小遣い稼ぎの方法として広がっているFX。いったいFXとは何か?

今から、そもそもFXとはいったいどんなものなのか?について簡単に説明していこうと思います。

きっぱり言ってしまうと、FXは投資なんです。投資ということは、何かに投資するわけです。FXはお金に投資をしていきます。

お金に対してお金を投資する。ちょっと分かりにくい表現になりましたね。取り敢えず今は、お金を育てていくイメージで考えておいてください。

FXについて以下の工程で説明させていただきます。

スポンサーリンク

FXとは外国為替証拠金取引といってギャンブルとは違う。

さて、先ほどFXはお金に対する投資と説明しましたが、お金を両替していると考えた方が分かりやすいです。

FXの取引の例を挙げてみると、日本円からユーロへと両替して、しばらくして、先ほど両替したユーロを日本円へと変える。といった具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。

要するに、「この通貨がいいかな。」とか、「いやいやこっちの通貨がいいよな。」などと考えて、両替していくことで利益をうんでいこうとするものになります。

一部の人が、「FXとはギャンブルだろう!」と言っているのを聞いたことがあるかもしれませんが、「FXとはギャンブルとは違う。」ということを覚えておいてください。

為替差異を狙って利益を出すことがFXの一番の目標

それでは、先ほどFXはギャンブルとは違うと頭に入れていただいた上で、「どのようにFXでは利益がうまれるのか」についてのシステムと、為替差異について説明していこうと思います。

FXの利益、つまり為替差異というものは、例えばユーロを1ユーロ100円で購入したとします。つまり、1ユーロ100円のときにユーロへと両替したと、考えてください。

その後しばらくして、ユーロの価値が上昇したので、ユーロが1ユーロ120円になったときに、ユーロを売って日本円を買った。つまり、日本円からユーロへと両替した。ということですね。

そうすると、1ユーロ100円で買っていたユーロが、売るときに120円になって、1ユーロにつき20円も高く買い取ってもらえました。

この事を説明すると、1ユーロにつき20円の利益、つまり為替差異が出たということになります。

「え?たった20円じゃん」と、思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、1ユーロにつき20円なので、もし、1万ユーロ購入していた場合には、

20円(1ユーロの利益)×10000(1万ユーロ)=20000円

となり、なんと20万円の利益が出ることになります。

これがFXの為替差異というものになります。FXで取引をする上で、これが一番の目標になります。それでは次に、為替差異がどこからくるのかを説明します。

FXとはお金を取り合う時間制限なしの戦い

先ほどの例では、20万円もの利益を出すことができましたが、この利益はどこから出たものなのでしょうか?

実は、この利益となった20万円を出したのは、FXで取引をしている人なのです。FXは、「お金」を世界中の人と、取り合っている状態です。

つまり、自分の方へ上手く引っ張り込めれば利益となりますが、反対に引っ張りこまれれば損をうむことになります。

しかも、株式投資のように一日のうちで取引時間が決められているわけではなく、平日の間は、24時間引っ張り合うことになります。まさしく24時間の戦いということですね。

この事から、FXを始めるにはそれなりの下準備が必要です。

下準備をきちんとしてから、資産運用にFXを始めることが大切になってきます。通貨は決して逃げませんから、しっかり基礎知識を身につけ、その上でFXで資産を運用してみてください。

それでは失礼します。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする