FXトレーダーに必要な心構え

FXのメンタルの重要性については以前にこのブログで書きました。

http://naotu01.com/2017/06/03/post-73/

今回は、トレーダーとして必要な心構えについて書きます。

スポンサーリンク

気にしない、無の心の状態

気にしないとは書きましたが、トレードを適当にするとかそういう意味ではありません。

一回一回のトレードでいちいち感情的になって一喜一憂しないということです。

FXで初めてトレードしたばかりの頃、結果はあまり気にしてなかったと思います。

そのような状態をいつまでも持つことを心がけてください。

確率で考える

確率で考えていくと、一回一回のトレードの結果はあまり気にならなくなります。

優位性のあるエントリーポイントで冷静に入ることは重要です。

しかし、確率論で考えるトレーダーにとっては、結果はそこまで重要ではないのです。

確率論で考えることができると、極力リスクを抑えてエントリーできますし、欲望に溺れることなくトレードできるようきなります。

長期的な考えになるため、目先の一回一回のトレードはあまり気にならなくので、無茶なトレードもしなくなるし、恐れることもなくなります。

チャート(相場)を恐れない

相場に対して、恐怖感を持っている人は、FXで利益を残していくことは難しいです。

私も最初のうちは、そうでした。

しかし、先ほど説明したように「気にしない」心構えで、相場に向かい合い、無謀なトレードから守ってくれるプランを信頼することができれば、恐怖感も少なくなると思います。

相場はランダムなうごきで、ときにだましも見せます。これは、別に個人に対してだけではありません。

FXトレーダー皆、同じ相場を見ています。

だから、相場を恐れることはないのです。

自分の考えを貫く

FXはメンタルとの付き合い方が難しい投資方法です。

もし、本当にFXで利益を残していこうと考えているならば、最初から最後まで自分の考えを貫く必要があります。

一回一回のトレードで一喜一憂していたら、トレードの優位性なんてものは、ありません。

自分のトレードプランを信じて最後まで貫くことです。

以上のポイントを参考にして、トレードしてみてください。

ありがとうございました。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする