【渋滞にはまった】トイレに行きたい…そんなときの対処法

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休暇の時、「上下とも何キロの渋滞が発生しています。」といったニュースをよく聞きます。
長期休暇に車で帰省するという方も多いのではないでしょうか?車で移動していると、高速道路で渋滞にはまってしまう場面があると思います。
そんなときに限って、どうしてもトイレにいきたくなりませんか?
私も経験があります。
渋滞しているので、路肩に止めて外で済ませようとしても、周りの目が気になってできませんよね。
仮にパーキングエリアやサービスエリアに到着できたとしても、トイレ渋滞に巻き込まれることも多いです。

今回はそんな、渋滞でトイレに行きたくなった時の対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

渋滞中トイレに行きたくなった時の対処法

では、具体的な対処法を紹介していきます。

尿意を抑えるツボを押す

手軽にできる対処法です。人には様々なツボがありますが、尿意に効くツボもあるのです。
1つ目は、下唇と顎の中心線にあるツボです。このツボを指でグッと押してください。そうすると尿意が少しなくなるそうです。
2つ目は、もっと簡単でです。おへその下を指で押さえるだけです。

このようにツボを押すだけだも、尿意を抑えることができます。簡単にできるので、手軽でいいですよね。

大人用オムツ

オムツを事前に履いておけば、大小関係なく対応できるので安心ですよね。
また、臭い漏れの少ないオムツも多いため、同乗者に気付かれる心配もありません。
ただオムツなので、履き心地は悪いかもしれません。

携帯トイレ

オムツを履くのに抵抗があるという方におすすめなのが携帯トイレです。
値段も安く数百円で買うことができ、容量も大きいため、数人で使い回すのこともできます。
しかも、尿を固めて、臭いを抑えてくれるものも多いため、使いやすいです。

ただ注意が必要な点が、同乗者の同意が必要な点です。ですが、もしもの時には役に立つと思います。

事前対策

渋滞時にどうしてもトイレが我慢できないときの対処法を紹介してきましたが、事前に尿意を抑えるほうほうを紹介したいと思います。

トイレに行っておく

いつ渋滞に巻き込まれるかわからないので、事前にトイレに行っておくことで、尿意を抑えることができます。
また、高速道路では電子掲示板で渋滞情報がわかるので、最寄りのサービスエリアで用を足しておくことができます。
先にトイレに行っておくことで、渋滞に巻き込まれても安心ですね。

水分を摂りすぎない

水分を撮りすぎると、すぐにトイレに行きたくなってしまう恐れがあります。
特に、アルコールやカフェインが多く含まれる飲み物は利尿作用がありますので避けておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?渋滞でトイレに行きたくなった時、参考にしてみてください。
また、渋滞が発生することが予測できるのなら、事前に対策をしておくと安心です。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする