FXレバレッジとは?

スポンサーリンク

資金が少なくてもレバレッジで増やせる仕組み

レバレッジとは、テコの原理のように手元の資金の何倍もの取引ができる仕組みです。基本的には25倍まで設定でき、自分の資金とその倍率をかけた金額までトレードできます。

具体的な例

ユーロ円が1ユーロ100円の時に、手元の資金10万円に20倍をかけると200万円、つまり2万ユーロ分の取引ができるということです。

仮にユーロ円が110円に上昇したときに売ると、その2万ユーロは220万円になります。手元の10万円にレバレッジをかけただけなので、10万円円で20万円の利益を得たことになり、利益率は200%です。

もちろん逆の場合は、資金を一気に失ってしまうことになります。FXでは、資金がなくなる前に強制決済というものがあります。それでも、資金管理には気を付けましょう。

国内業者と海外業者では、レバレッジが大きく違う

驚くほど倍率の違いがあります。どれくらい違うのか下記に記します。

国内業者の場合

2004年~2010年までは、レバレッジ100倍、200倍、500倍が当たり前でしたが、2010年8月に50倍、2011年8月に25倍までと、金融庁により国内のFX業者すべてに引き下げを勧告されました。これによって、今まで少ない資金で多くの外貨を取引していたトレーダーは、レバレッジ規制で取引量を減少させることになりました。

それでも、資金が100万円あれば、2500万円分の取引ができます。過去には、FX初心者がレバレッジ500倍まであげて、大損して自己破産したこともありました。ですので、レバレッジ規制は妥当だったと思います。

海外業者の場合

海外業者は、国内業者と違い200倍、500倍だけでなく888倍というレバレッジを提供する業者もあります。ただ888倍というレバレッジで取引して大損した場合、資金をすぐ失うことになります。それでも、少ない資金で多くの外貨を取引できるのは、大きなメリットです。また、海外業者はゼロカットシステム(資金がマイナスになってもゼロに戻してくれる)があります。

まとめ

初心者にはやはり国内業者をオススメします。まずは国内の25倍に慣れて海外業者に挑戦してみるといいと思います。私も国内業者から始めました。

是非参考にしてみてください。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする